金運 風水 寝室

金運アップの風水で寝室は大切です

人は常に自分の周りにある「気」の影響を受けているものですが、寝ているときというのは無防備に「気」の影響を受けている状態なのです。

 

起きている最中であれば、多少の凶作用の「気」に触れたり、そのような場所に行ったとしても、自分自身が持っている力ではね返しています。

 

無防備な状態である睡眠中は、良くも悪くも周りにある「気」を知らないうちに吸い込んでしまうというわけです。

 

一生の3分の1を寝室で過ごすわけですから、寝室の風水が如何に大切で、寝室の風水の良否が運気を大きく左右してしまうのです。

 

 

寝室の中でまず大切になってくるのは、やはり枕の位置でしょう。

 

北半球にある日本では、磁気が北へと流れているため、基本的に北に頭を向けて寝ることで精神を落ち着かせることができ、気の流れもスムーズになり、金運はもちろん運気も上昇するというわけです。

 

よく聞く話で亡くなった人を北枕で寝かせる風習から、北枕は縁起が良くないと言われていますが、実は風水的には間違いなのです。

 

北枕で寝ることは、自然の摂理に適っているわけです。

 

逆に、良くない方向は自然の気の流れと反対になる南向きで寝る南枕です。

 

頭に熱がこもりやすく、睡眠を妨げ、精神の落ち着きをなくし、イライラする原因になってしまいます。

 

万が一、向きの変えようがなければ、白い枕カバーを取り入れ、北の方角に花瓶や水差しを置くと良いとされています。

 

 

次に注意すべきはです。

 

鏡には気の流れを変えてしまう力があります。

 

家の中の殺気が集まるような場所に鏡を置くことで、気の流れ変えて好転化させることができるとされています。

 

ただ鏡の力は相当強いため、使い方を一歩間違えてしまうと悪い物になってしまいます

 

特に要注意なのが、寝室なのです。

 

睡眠中は無防備な状態となっているため、本来持っている運を跳ね返してしまったり、鏡が跳ね返した悪い気を取り込んでしまうことにもなりかねないわけです。

 

朝、目覚めたときに疲労が抜けていないと感じている人は、鏡の影響を受けている可能性がありますので、鏡をベッドのそばに置かないようにしましょう。

 

もし鏡を移動できない場合は、寝るときには必ず鏡をカバーなどで覆うなどして対処してください。

 

 

さらに注意すべき点は、寝室の空気を汚さないことです。

 

金運を上げたいなら、寝室の環境を整えることがとても大切なのです。

 

周りにある悪い気を取り込んでしまわないようにするのは、物をごちゃごちゃと枕まわりに置いたりしないことが重要です。

 

寝ている最中は、特に頭から気を吸収するため、悪い気を集めないようにきちんと整理整頓を心がけなければなりません

 

そして、いつも悪い気が漂わないようにきちんと換気をすることが大事なのです。

 

寝室の空気が汚れてしまうと、健康にも影響を与えてしまうことになるので、もしも健康状態に問題があるようなら、一度寝室の空気が汚れていないかを確認してみましょう。

 

きれいな空気が心身をリフレッシュして健康を維持し、金運を上げてくれる状態をつくるというわけです。

<スポンサードリンク>

金運を上げる方法!風水編 寝室は大切です関連ページ

金運は玄関から
金運風水 風水では、玄関は良い気も悪い気もすべての気の入り口となり大変重要な場所と言われています。
トイレには神様
トイレには神様が住んでいると言われ、この神様はとても綺麗好きなのです。トイレを綺麗にし続けることで金の気が運ばれるようになります。
金の気(金運)を支配する
金運風水 家の中で金の気を支配する場所、それは「キッチン」です。 キッチンのあり方によって、その家の金運は決まると言って過言ではありません。
金運を上げる方法!風水編 カーテン
自分の部屋を思い通りに演出するために重要なアイテムなのはカーテンです。カーテンひとつで部屋の雰囲気が大きく変わると言っても過言ではないはず。そんなカーテンですが、風水では住んでる人の運気に影響を与えるアイテムでもあるのです。
金運を上げる方法! 風水編 玄関マット編
風水では、玄関マットには悪い気を払ってくれるという効果があります。玄関マットの色によって、玄関マットが与えてくれる気が変わりので、払う気や与えてくれる気の種類も変わってくるというわけです。